コンプライアンスとは

ここ数年、コンプライアンスと言う言葉を良く耳にします。漠然としたイメージで捉えられがちな言葉ですが、コンプライアンスにはいくつかの意味があります。

コンプライアンス関連職に転職

コンプライアンスとは

コンプライアンスと言う言葉を近年良く耳にするようになりましたが、具体的にどういった意味なのかと問われると、返答に困る方も多いかもしれませんし、なんとなくイメージ的に法的なものや守らなければいけない規則と言ったように、漠然とした意味で捉えている方も多いようです。

直訳するとコンプライアンスとは、英語で尊守・従順という意味ですが、日本で使われているコンプライアンスの解釈は、その意味を根底にしているものの、少し違った意味で使われていますし、一口にコンプライアンスと言っても分野によって意味も異なっています。

例えば企業コンプライアンスでしたら、企業の法令を守る意味になりますし、医療関係でしたら薬を指示通りに飲む意味になり、規格に適合すると言う意味として使われる場合もあり、その意味は使う人・場面によって違ったものになりますが、ここでは一番一般的かつ良く使われる、企業コンプライアンスの意味について簡単にご説明します。

企業コンプライアンスとは、企業が法律やその企業内の決まりごとに従ってビジネスを行うことであり、社員はそれにのっとって行動しなければいけないので、コンプライアンス研修を新入社員のみならず、定期的に行う企業も増えており、逆に言うならばコンプライアンスを重視せず、社員に対して研修も行わずに運営している企業は、あまり好ましい企業とは言い難いのです。

大手の企業ではコンプライアンス専門の部署が存在し、研修やアンケートを実施したり、コンプライアンス違反があった場合に匿名で報告できる窓口を設けている企業もあるので、現在コンプライアンスはビジネスにおける一つの重要なファクターとなっています。

【必見】弁護士・法務・コンプライアンスの求人・転職|エイパス求人情報


Copyright (C) www.myweightlossdiet.info. All Rights Reserved.

コンプライアンス関連職に転職